用語説明

各ページの、アンダーラインが引かれている単語についてご説明します。

□ 看護

 看護とは、看護師が行う手当て、処置を指す場合が多いですが、家族などが日常生活における世話や情緒的に支えることなどを含みます。つまりは、あなたの一言や手を当てること(手当て)が看護の根源です。みらい精華訪問看護ステーションの看護は、看護師による専門的なことから、患者様や利用者様を抱えるご家族、地域の方、介護職の方などへの助言や相談にも十分対応いたします。

□ リハビリテーション

 リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)+ ation(にする)すなわち、「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持ちます。つまりはリハビリテーション=機能回復訓練(医学的リハビリ)というわけではなく、障害を負った方に合わせて環境を調整したり、社会に働きかけることもリハビリテーション(社会的リハビリ)です。このようにリハビリテーションとは、本来広い意味を持ちます。みらい精華訪問看護ステーションにおいても、広義のリハビリテーションを念頭に、皆様のリハビリテーションを行っていきます。

□ 物理療法

 ホットパックや干渉低周波などを用いて、痛みの緩和やストレッチをより効果的なものにします。物理療法を行うことでADLやQOLの維持と向上が期待できます。

□ 呼吸リハビリテーション

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)など呼吸器疾患をお持ちの方、寝たきりによる肺炎の可能性が高い方に対し、呼吸介助法による呼吸困難感の軽減、肺活量の増大、動作をする時の呼吸方法の指導、呼吸に必要な筋力のトレーニング、肺炎の予防、痰を出す、痰の吸引。また、患者様や利用者様個別にプログラムした有酸素運動、下肢の筋力トレーニングを行い、持久力の維持・改善を図ります。

□ 心臓リハビリテーション

 狭心症などの心疾患、心筋梗塞術後などの方に、個別にプログラムした有酸素運動、下肢の筋力トレーニングを行い、持久力の維持・向上を図ります。

□ 腎臓リハビリテーション

 透析をされている方、腎機能が低下している方に対し、その方に合わせた有酸素運動、筋力トレーニングを指導し、体調管理を行います。効果としては、透析後の疲労感が軽減し動作がしやすくなる。老廃物の排出を助ける。足のむずむずやこむら返りが軽減されるなど、日常生活での動作への影響はもちろん生活の質(QOL)に対しても効果があると認められています。

□ 呼吸療法認定士

 3学会(日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会)が定めた諸審査を経て得られる資格で、吸入療法、酸素療法、呼吸理学療法および人工呼吸などの呼吸療法に精通した医療従事者です。与えらえた資格は更新制度により維持するものであり、常に新しい知識や技術を研鑽しています。

□ 福祉住環境コーディネーター

 高齢者や障害者の方に対して、住みやすい住環境を整備するための調整役。建築・医療・介護・介護福祉・行政などの立場を理解し、その仲立ちをすることにより、より利用者様、ご家族様の立場に立った住環境整備を円滑化する存在です。