ごあいさつ

はじめまして

 みらい精華訪問看護ステーションの所長をしております、水野大輔(みずのだいすけ)です。まずは、当ステーションのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
 平成18年より理学療法士として病院に勤務し、急性期から在宅期にわたるリハビリテーション業務に携わりました。またご縁があって、精華町や木津川市の施設においてもボランティア活動を通じて、地域の方のリハビリテーションにあたらせていただいています。それらの経験の中で感じたことは、病院や施設と利用者様が独立しており、つながりをもった医療・介護サービスを提供できていないということでした。在院日数の短縮による早期の退院、介護士さんの過度の仕事量により、利用者様をゆっくりみることができない、ご家族様とコミュニケーションをもつ時間が持てないなどがあります。病院・施設と利用者様を結ぶ存在、それが訪問看護ステーションだと考えます。
 退院・退所後の健康管理や継続したリハビリテーションを行うことで、以前の生活を取り戻すことができる。病気やケガの予防をができ、万一それらが起こっても、早期に発見し適切な医療機関につなげる。デイサービスでできていることをご自宅でもしていただけるよう、ご家族にもご指導する。訪問看護ステーションが担う役割はたくさんあります。その大切な役割を担う訪問サービスで、地域の方々や社会に貢献したいと考え、みらい精華訪問看護ステーションを設立しました。

「みらい精華」の由来は、2014/1/23のブログをご参照ください。

病院や施設と連携を図り、あなたに一番近い、医療・介護サービスを目指します
質の高い看護と効果のあるリハビリテーションを提供し、
あなたの健康そして生きがいや輝きを守ります
かがやける素敵な未来をあなたとともに


   

代表・所長 水野 大輔 (みずの だいすけ)
 経歴:平成14年3月 京都産業大学経営学部経営学科 卒業

    平成18年3月 奈良リハビリテーション専門学校 卒業
    平成18年4月~平成26年2月 西奈良中央病院リハビリテーション科 勤務
    平成26年3月~ みらい精華訪問看護ステーション 勤務  
 資格:理学療法士(日本理学療法士協会会員)呼吸療法認定士 
    介護支援専門員 福祉住環境コーディネーター2級    
        

 活動状況・活動歴奈良市、生駒市、精華町、木津川市での訪問リハビリ

          精華町社会福祉協議会さまでのデイサービス、二次予防事業で
          のリハビリ
          Nara福祉医療専門職の集い講師
          精華町小規模多機能施設”下狛ふれあいの家”さまでのリハビリ
          のボランティア活動
          精華町社会福祉協議会さま職員研修での講師